コラム|新宿駅新南口・代々木駅で歯科をお探しの方は新宿駅南口歯科三島まで

診療時間
10:00~13:00 /
14:30~20:30 /

★:土日午後は14:00~17:00
最終受付は診療終了の30分前
休診日:祝日

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ケ谷5-27-5 
リンクスクエア新宿203

tel. 03-6273-0033
  • 地図
  • メニュー

セラミックで美しい口元に

皆さんこんにちは。

新宿駅南口歯科三島です。

 

口元の美しさは、被せ物を整えることによって大きく改善します。

 

その際、広く活用されているのがセラミックである歯科用陶材です。

 

当院では、詰め物や被せ物をセラミックで製作することで、口元の審美性を向上させる歯科治療を行っております。

 

今回はそんなセラミックを用いた審美治療についてかんたんにご紹介します。

 

天然歯のように美しいセラミック

歯科用セラミックの最大の特長は、美しさにあります。

 

天然歯の色調や質感、光沢、透明感まで忠実に再現できる材料は、セラミック以外にありません。

 

いろいろな場面で使用されているレジンもセラミックと同様、白い材料ではありますが、さまざまな点でセラミックに劣ります。

 

ですから、健康的で自然な白さを追求するのであれば、セラミックが最善といえるのです。

 

機能面のバランスも重視した治療

当院でのセラミックは、見た目の美しさを改善することはもちろん、「噛む」「話す」といった機能面のバランスも重視しております。

 

そもそも歯は、そしゃくや発声といった機能を担う器官です。

 

どんなに美しくても、噛みにくい、話しにくい、といった弊害が現れてしまったら元も子もありません。

 

それだけに、セラミック治療は審美面と機能面のバランスが極めて重要といえます。

 

顔全体の印象は口元で決まります

口を大きく開けた時に銀歯が目立つと、それだけで口元の審美性は低下します。

 

逆に、たった1本の銀歯でもセラミックの歯に変えるだけで、顔全体の印象すら大きく変わることがあります。

 

銀歯の色にお困りの方は、セラミック治療を検討してみてください。

 

当院では、患者さまそれぞれの症状やライフスタイル、ご予算などに応じて最適といえる治療法をご提案しております。

 

まとめ

このように、銀歯や劣化したレジン歯などをセラミックに変えることで、口元の審美性はもちろん、顔全体の印象まで大きく変化することがあります。

 

噛む、しゃべるといった機能面の改善も見込めますので、歯を白くしたい、よく噛める状態にしたい、という方は当院までお気軽に当院までご相談ください。