むし歯|新宿駅新南口・代々木駅で歯科をお探しの方は新宿駅南口歯科三島まで

診療時間
10:00~13:00 /
14:30~20:30 /

★:土日午後は14:00~17:00
最終受付は診療終了の30分前
休診日:祝日

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ケ谷5-27-5 
リンクスクエア新宿203

tel. 03-6273-0033
  • 地図
  • メニュー

むし歯は、むし歯菌が作った酸で歯が溶けて起こります。
むし歯菌のエサは食べ物や飲み物に含まれている糖分です。ご飯やパンも口の中で糖分に変わるため、食べかすなどが残っているとむし歯菌の活動は活発になります。
ただし酸で歯が溶けても、通常はだ液の力で溶けた成分が歯に戻ります。
むし歯ができるのは「むし歯菌」「飲食物」「歯の状態」「時間の経過」という4つの条件が重なった時です。食べ物や飲み物の糖分をエサにしてむし歯菌がお口の中に酸を作ると、お口の中は酸性になっていきます。時間が経つにつれて酸によって歯の表面のエナメル質は溶かされ続けて穴が開き、むし歯ができてしまいます。なお、エナメル質が薄いとむし歯も早くできてしまいます。

エナメル質のむし歯

新宿駅新南口・代々木駅・新宿駅南口歯科三島

毎日歯を磨いていても、歯と歯の間や溝の深いところは磨き残しやすいものです。そのため気づかないうちに初期むし歯ができることがあります。
初期のむし歯には痛みはなく、歯の色が濁ったり茶色になるだけです。この段階ではデンタルフロスなども使って徹底的に歯磨きをしたりフッ素塗布をすることで、進行を食い止めることが可能です。
初期むし歯の段階で発見するためには、歯科医院での定期検診が欠かせません。クリーニングも定期的に行えば予防につながります。

象牙質のむし歯

新宿駅新南口・代々木駅・新宿駅南口歯科三島

エナメル質に穴が開き、その下の象牙質にむし歯が進行すると、むし歯は歯の神経に近づきます。そのため食事中に痛みを感じたり冷たい飲み物が沁みるようになってきます。
この段階からは、悪くなった箇所を削って詰め物や被せ物をすることになります。神経に近い箇所を削って処置を行った場合は、治療後もちょっとした刺激で痛みや沁みる感じが起こることがあります。その際には歯の神経の処置が必要になることもあります。

歯髄まで進んだむし歯

新宿駅新南口・代々木駅・新宿駅南口歯科三島

歯の中を通る歯の神経や血液(歯髄)までむし歯が達した状態です。強い痛みが出るのはもちろん、腫れたり全身に細菌が回って副鼻腔炎などの病気を引き起こすこともあります。
この段階になると歯を削るだけでは治療できません。細菌に侵された歯髄を取り除いて清掃し、無菌状態で密閉する根幹治療が必要となります。そのため何度も歯科医院に通い治療を続けることになります。なお、歯の状況によっては抜歯するしかないケースもあります。

骨の中まで到達したむし歯

新宿駅新南口・代々木駅・新宿駅南口歯科三島

歯の神経が細菌によって死んでしまうと、むし歯の痛みはなくなります。痛みがないと治ったように感じるかもしれませんが、実際には細菌はさらに全身に広がり感染が進行していきます。症状によっては他科での治療も必要になることもあります。
この段階まで進行すると、根幹治療では治すことができず抜歯となることが珍しくありません。抜歯後は歯抜けのままにせず、ブリッジや義歯、インプラントなどによって噛めるように補うことが大切です。